*輸入テールランプ*

白い車体で且つ、ウインカーをミミック塗装をしたりで

ぱっと見、
真っに主張する純正テールランプが気になっていたのです。

ってことで…
b0173890_2149305.jpg
クリアーレンズにしてみました。

国内スクーターでは定番カスタムだけど
ベスパさんとなれば、そんな物だって海を渡った先にしかない訳で。。
しかもポン付けできない優しさが流石のイタリアン。

もちろん説明書なんてものは入ってませんでした(ヽ´ω`)
(これは単に入れ忘れられただけかもしれないが…)



そんな本日の日記は

類似品はそうないと思うので
同じ「そんな~('A`)」と嘆いた迷走者が奇跡的ここへ訪れてしまった方のために
チラっと調理方法を紹介

~♪
(30分クッキングのテーマ @くるぃー鼻歌えでしょん

b0173890_2154447.jpg
これが純正テールの裏側

ほら早速、見たことないコネクタです(´・ω・`)
(最初はどこが抜けるのかも解らずw)

これが国内ならブった斬るだけで解決ですがw
純正復元を前提に作業です!

コネクタが拍子に抜けたあとは→端子を優しく…
そう、だいすきなカレシの耳掻きをするが如く
b0173890_2205253.jpg
→抜き取ります。
ほら、斬らなくてよかった。見たことないメス端子です(HIDとかの規格に似た形があったやうな?)




b0173890_2233434.jpg
それに相する輸入テールの処理。
用意したのは国産のどこでもある安っ~い”メス”端子です。

それをキュキュッと締めてやります





b0173890_2265155.jpg
メスとメス。
なんとも美しい画ですね(?)

とりあえず、わたしのLXVさんはの接続だけで大丈夫でしたが
LEDランプが複数配置なのでリレーがないとストップor尾灯の光量差が出ないかもしれないので
仮組しながら確認するべきでせう。


そして何よりも苦戦したのはボディとレンズを合わせる筈のメッキパーツ。

全然形が合っていません('A`)

単純にナットは締めず、ワッシャーなどで高さ調整しながら付ける…
これも、用法用量を確認しながら合わせるのがよいと思います。(薬剤師の診断は不要です)



これで完成!


な~んて思ったら、そういえば純正テール内に埋められていた反射板。

ないよね、これ。



忘れずに道路運送車両法の保安基準の細目にナンタラな大きさと位置で付けるようにしましょう
(↑これはもうググって下さいw)

これが結局いわけで。。
[PR]

by kry_vespa | 2012-11-03 22:55 | ★かすたむ★